お悩み改善!痛い巻き爪の原因と予防法&2つの応急手当の方法

指の皮膚に食い込んでくる巻き爪には、つらい痛みを感じさせられますね。

靴が履けない、歩けない、など通常の生活にも支障をきたし、悩みの種となるものです。

しかしそのような巻き爪には予防法や応急手当の方法がありますので、そのやり方がわかっていれば、巻き爪への悩みを改善することが期待できます。

そこでこの記事では、巻き爪の原因や予防法、そして受診前の応急対処法をご紹介します。

是非参考にしてくださいね。

 

巻き爪の原因

足の悩みの一つには、巻き爪への痛みを挙げる人が少なくありません。

この原因は様々ですが、大きく5つに分けられます。

・爪の切り過ぎ
爪を短く切り過ぎると、爪の先端の両端だけを切り残す可能性があります。

すると爪には弾力性がありますので、靴を履いたときに切り残した爪先部分が靴の圧力で丸まって指の皮膚に食い込み、痛みを生じさせます。

・外反母趾
足の横のアーチが崩れて、通常であれば山のようになっている形がつぶれてしまった開帳足という状態があります。

この開帳足になると外反母趾や内反小趾になり、歩くと横から圧がかかり、巻き爪になることが少なくありません。

・遺伝
生まれたときから柔らかい爪、または薄い爪の人は巻き爪になりやすいですし、両親のどちらかの遺伝で体質的になりやすいことがあります。

・姿勢や歩き方
姿勢や歩き方に爪先への圧力が加わりやすい癖のある人は、指に力が入り、巻き爪になる可能性があります。

・硬い爪、または肥厚している爪
高齢者や爪水虫の人に良く見られます。
この場合、爪が周りの皮膚に刺激を与え、歩くたびに負担がかかることが続くと巻き爪になりやすいです。

この他にも爪先に圧力がかかるスポーツやサイズが合わない靴による圧力、肥満の重力による足への負担などが原因となることもあります。

 

痛い巻き爪を予防する方法

このような様々な原因で巻き爪になると、痛みがつらいという理由から歩くときに足をかばい不自然な姿勢になり、身体の歪みを生じさせます。

今巻き爪に悩んでいない場合や、巻き爪の状態が落ち着き、今のところ皮膚への爪の巻き込みはほとんど無いという場合には、出来るだけの予防対策で巻き爪を引き起こさない工夫をしましょう。

・爪の切り方で予防する
爪は山型に切ると皮膚に食い込みやすい状態となることがありますので、爪の先端の形は指を保護するための白い部分を1mm程度残して真っ直ぐに切ることが効果的です。

・足は常に清潔にして、保湿をしっかりする
通常足には負担がかかることが多いため、血行不良を引き起こし、爪に栄養が行き渡りにくい状態を生じさせる可能性があります。

すると爪や周辺部分の抵抗力が低下して細菌が入りやすくなったり、爪の乾燥を引き起こしたりという可能性も出てきます。

そのような場合、爪が割れやすくなったり、爪自体が身を守るために硬くなったりする可能性がありますのでそれが、巻き爪になることがあります。

そのため足は特に清潔にして、細菌が入ることや保湿で爪が硬くなることを予防することが大切です。

・靴は足のサイズにきちんとあったものを選び、適度に歩く
靴による足への圧迫を防ぐとともに、歩くことは血行を良くすることが期待できますので爪に栄養が行き届き、硬くなることを予防することに効果的です。

また正しい爪の切り方がされていれば、歩くことで爪が矯正されて皮膚に爪が巻き込むことを予防することが期待できます。

 

巻き爪が痛いときの応急手当その1

巻き爪は、ご紹介した方法で予防することが可能ですが、工夫して予防に頑張っても巻き爪を、引き起こしてしまうことがあります。

そのようなときには状態を見て、早目に皮膚科での治療を受けることが望ましいのですが、仕事や家庭の都合ですぐに受診することができない場合には、爪に刺激されて痛みを感じる部分に応急手当をしておくことが大切です。

ではその手当はどのように行えばよいのかと言えば、テーピング法が効果的です。

この方法は巻き爪で痛みを感じる指の皮膚と爪を引き離すようにテープで留める方法で、軽度の巻き爪であれば、病院へ行く前にテーピングである程度、痛みを落ち着かせることも期待できます。

皮膚が固定できる伸縮性のある医療テープを用意します。
テープはドラッグストアにあるような家庭用で構いませんが、皮膚をしっかり固定できて、幅は爪の大きさに合わせられる物を選ぶことが大切です。

① テープは指に巻き付けられる長さか、足の甲にまで巻き付けられる長さに切り、巻き爪になった爪の横の皮膚に貼ります。

② テープが貼った位置からずれないように固定できたら、皮膚と爪を引き離すようにそのテープを引っ張ります。
このときに少し痛みがあるかもしれませんので、無理をせずゆっくりと行うことが大切です。

③ 引っ張ったテープをグルっと指に巻き付けて固定します。
指によっては足の甲へ巻き付けた方が固定しやすい場合もありますので、状態を見て貼ると効果的です。

 

巻き爪が痛いときの応急手当その2

また、テーピングの他にコットンを爪と皮膚の間に挟み込む方法もあります。
コットンを詰めることで、皮膚に巻き込んだ爪をまっすぐに矯正することが期待できます。

軽く爪と皮膚の間に挟み込める程度の大きさの、清潔なコットンを用意します。
(コットンは、始めは小さな大きさから始め、挟み込める程度の中で徐々に大きくしていきます)

① 皮膚に巻き付いた爪の端をそっと持ち上げます。
爪を皮膚から引き離すことが目的ですが、実際に爪を触りますので痛みを感じることが予想されます。そのためあくまでも丁寧にそっと行うことが大切です。

② 爪と皮膚の間に用意したコットンをそっと詰めます。

この方法は、コットンを常に清潔にしておくことが大切ですので、毎日の付け替えが必要です。

 

まとめ

巻き爪は十分な予防をしていれば、引き起こす可能性を低くすることが期待できますし、病院に行く前のしっかりとした応急手当ができていれば、それは悪化予防にも効果的です。

ただ、予防や手当をしているからといって痛みがあるのに我慢をしたり、そのまま治療を受けずにいたりすれば悪化は避けられない状況になる可能性は十分にあります。

そのためなるべく早く皮膚科での治療を受けることを心掛け、スッキリとした綺麗な足の爪を目指しましょう。