巻き爪って放置しても大丈夫?

巻き爪の症状に全く縁がないという人もいますが、最近は男女問わず巻き爪の症状に悩んでいるという人は多くなっているようです。

巻き爪は、ただ爪が巻いているという単純なものではありません。

何もせずに放置しておくほど症状は悪化してトラブルを招くようになります。

今回は巻き爪というのはどんなものなのか、原因や予防法などについて解説していきます。

 

巻き爪とは

巻き爪とは、足の爪の両端部分が巻いてしまっている状態の爪のことをいいます。

巻き爪になりやすいのは負担がかかることが一番多い足の親指ですが、他の指の爪も巻き爪になることはあります。

巻き爪は最初のうちは爪が巻いてしまうので見た目が悪くなってきたなと思う程度かもしれませんが、放っておくと爪が指先の肉に食い込んでいくようになります。

食い込み具合が浅い段階では、足に負担がかかったり圧迫された時にだけ痛みを感じるのですが、食い込み具合が深くなっていくと何もしていない状態でも強い痛みを感じる状態が続くようになります。

曲がった爪が皮膚に食い込んでいけば最終的に食い込んだ部分が化膿してしまうようになります。

強い痛みから歩けなくなってしまうこともあります。

そして、巻き爪の症状があると痛みを感じて足をかばおうとするため、他の身体の部位に負担をかけるようになり膝や腰など他の部位まで痛めてしまう悪循環になってしまうこともあります。

巻き爪は「陥入爪」「弯曲爪」「爪甲鈎弯症」の3種類に分けられていて、最も多いとされているのが皮膚に爪が食い込んでいく陥入爪の症状です。

 

巻き爪の原因とは

なぜ普通に爪が伸びずに巻き爪になっていってしまうのでしょうか。

巻き爪の原因についていくつかお話ししていきます。

 

・爪の切り方

足の爪を切る時に深く考える必要はないのですが、爪の切り方によっては巻き爪になってしまうこともあります。

爪は切り方によって生え方が変わります。

足の爪は手の爪と比べてもとても硬いので一度、巻き爪になってしまうとなかなか元に戻らなくなってしまいます。

基本的に深爪をすることはよくありません。

巻き爪になってしまうと深爪をしてすっきりさせたくなる気持ちは分かるのですが、結果的に逆効果になってしまいます。

深爪をすることで爪の周りの皮膚が盛り上がってしまうので皮膚に爪が食い込んでしまうのです。

だからといって、爪を切らないでいるということもいけません。

爪は伸びると内側に丸まっていくものなのです。なので爪が伸びすぎていても巻き爪になってしまいます。

 

・履いている靴が合っていない

巻き爪は両側から圧迫されることが原因で起こります。

なので足に合っていない靴を履いていることで巻き爪を起こしてしまうこともあります。

サイズの合わない靴や女性の場合は先端の尖ったハイヒールなどで巻き爪になりやすくなります。

先端が尖っていなくてもヒールが高い靴を履くと、つま先に負荷がかかるので爪が圧迫されて巻き爪になりやすいです。

逆に足に合わない大きすぎるサイズの靴も巻き爪の原因となることもあるのです。

 

・つま先に負担のかかるスポーツ

足の爪やつま先に負担のかかるようなスポーツが巻き爪の原因になることがあります。

 

・体質が原因にもなる

もともと爪が柔らかい体質だったりすると巻き爪になりやすいです。

そして遺伝が巻き爪の原因になるということもあるようです。

巻き爪になるような原因が何もないのに巻き爪になってしまっているという場合はこのケースが多いようです。

 

・加齢

年齢を重ねていくと爪は硬くなっていきます。

厚みも増していきます。爪が乾燥しやすくもなります。

加齢によるさまざまな要因が合わさって巻き爪の原因となることがあります。

 

巻き爪の予防法とは巻き爪

の原因についてお話ししたところで、巻き爪の予防法について紹介していきます。

 

・爪を切りすぎない

深爪は巻き爪の原因になります。

なので爪は切りすぎないようにしましょう。

爪が伸びたらやすりで揃える程度が巻き爪の予防になります。

爪の伸ばしすぎも巻き爪の原因となるので気をつけてケアしていきましょう。

 

・足に合った靴を選ぶ

サイズの合わない靴や、ハイヒール、足幅の狭い靴などを履いて足を圧迫させてたり、つま先に負担をかけていると巻き爪を起こしてしまいます。

なので足に合った靴を選ぶようにしましょう。

 

・つま先の負担を軽減する

足に負担のかかるスポーツなどをしていると巻き爪が起こりやすいです。

なのでつま先に負担をかけないような工夫をしてみましょう。

 

巻き爪の治療法とは

巻き爪の症状が悪化していっている時は病院へいって治療を受けることをおすすめします。

巻き爪は自分でケアしようとしても悪化してしまうこともあります。

巻き爪の症状は皮膚科や外科などを受診するようにしましょう。

症状によって治療方法は異なりますが、手術をするケースもあれば、「コットンパッキング」や「矯正」といった手術をしないでも治療できるケースもあります。

巻き爪は痛みが増すほど辛いものです。早めの治療を心がけましょう。