爪が反るってどういうこと!スプーンネイルの改善方法

爪の変色や変形の話しってたまに耳にすることがあります。

中でも爪が反る「スプーンネイル」の話しを聞いたことはありませんか?

スプーンネイルというのは「匙状爪」のことで匙のように爪が反ってしまっている爪の変形のことをいいます。

爪が反るという症状は手の爪に起きやすいものです。

稀に足の爪に症状があらわれてしまったという人もいるようです。

今回は、爪が反る症状のスプーンネイルについて解説していきます。

 

爪が反るってどういうこと?

単純に爪が反るというのはどういうことだろう?と感じるかもしれません。

実際に爪が反る症状が起きていなければ、考えられない現象ですからね。

爪が反るというのは、爪が逆方向に反り上がってしまっていることをいいます。

健康的な普通の爪は丸みがありますよね。

爪が反るスプーンネイルというのは、通常膨らんでいる爪の中央部分がへこんでしまっていて、爪の先は跳ね上がっているように見えるのです。

この形がスプーンに似ているのです。

実際は爪の中央がへこんでいるというのではなくて、爪が反り返ってしまうことでスプーンのようになってしまいます。

爪が反る具合は人によってさまざまなようですが、症状が悪化してしまっている人の場合は爪の真ん中に米粒がのせられるほど反ってしまっているとのことです。

まさに匙(さじ)のような爪になってしまっているということですね。

爪が反るスプーンネイルには痛みなどの自覚症状はありません。

ただ見た目がかなり目立つというのが特徴です。

スプーンネイルは爪が反るという症状だけではなくて、爪の変色が起きてしまうこともあるようです。

 

爪が反る原因は?

健康的な爪ならば丸みがあるはずなのに、なぜ爪が反るという現象が起きてしまうのでしょう。

爪が反る原因としていくつかのことが考えられるようです。

その原因について紹介していきます。

 

・遺伝

爪が反るという症状は乳幼児でも起こることがあるようです。

この場合の原因は遺伝的なものであるとも考えられます。

そして、子供の爪は薄くて柔らかいことが原因ということが考えられます。

乳幼児の場合は成長するにつれて爪も大きく変わっていくので、爪の反りはなくなることが多いです。

小さな子供のうちはあまり心配することもないようです。

 

・ライフスタイル

毎日のライフスタイルのよって爪が反る症状が起きるという人もいます。

例えば職業柄で爪に負担がかかるという人です。

農業や整備士などの指先に強い圧力がかかるような仕事をしている人は爪が反ることが多いとされています。

美容師などの有機溶剤を使う職業も爪の変形を起こしやすいとされています。

職業柄なことが原因で爪の反りが起きてしまうという場合はなかなか解決が難しいものです。

指先の負担を軽くしたり、爪のケアをしていくことで症状を軽くしていくことができるのかもしれません。

 

・貧血

爪が反る一番の大きな原因とされているのが鉄分不足による貧血です。

鉄分が不足することで爪は薄くなってしまい柔らかくなります。

弱い爪は外からの圧力や刺激にも弱くなるので反りやすくなってしまいスプーンネイルになりやすくなります。

貧血が原因で爪が反ってしまっている場合は爪の変形だけではなくて、爪の変色も見られるようになることもあります。

貧血になることで爪が白っぽく灰色っぽくなってしまうのです。

 

・爪の切り方

爪が反ることは爪の切り方も影響します。

爪を綺麗に見せるために両端を短く切っているという人は少なくないのではないでしょうか。

この爪の形にしていると、指先に力が加わったときに爪が負担を抱えきれなくなってしまいます。

その状態がつづくことで爪が反るという症状が起きてしまうことがあります。

 

改善方法はあるの?

爪が反るということには改善方法があります。

それは、爪が反る原因になることを取り除いてなくしていけばよいのです。

スプーンネイルは遺伝によっても引き起こされることがありますが、そのケースはごく稀です。

なので爪の反りを改善していきたいときは、爪が反ってしまった原因を知ることが第一に重要です。

もしも、鉄分不足による貧血で爪が反るようになったというときは、鉄分を摂取することを意識していく必要があります。

鉄分不足を解消していくことで爪の反りが改善されていきます。

爪が反るだけではなくて貧血の症状が重い場合は医療機関を受診して薬を処方してもらうなどの治療を受けるようにしましょう。

職業柄、爪が反るような症状が出てしまうという場合は原因をなくすということは難しいことであって完全に解決できないことがほとんどですが、指先や爪のケアを意識して行っていくことで爪が反る症状を緩和していくことができます。

爪の切り方が原因で爪が反ってしまっているという場合は一番簡単なことで爪の切り方を変えていきましょう。

爪の両端を極端に短くしなければよいだけの話しです。

生まれて少したった赤ちゃんの爪をみると、爪がスプーンのように反ってしまっていることもありますが、爪が柔らかいことなどの生理的な原因が考えられるので特別な改善方法などはありません。